IT系マニアが教えるオススメインフォメーション

IT系ベンチャー企業が集う表参道のレンタルオフィス

time 2017/10/26

最近は、テナントを借りる会社ばかりでなく、レンタルオフィスを借りる会社も増えてきました。
レンタルオフィスは、短期間で借り入れるだけでなく、設備や備品などがすでに整っているため、会社を設立したばかりの人でも初期費用を減らすことができます。
また、機動性の高い仕事をしている人は、頻繁に働く場所を変更しますが、この場合でもレンタルオフィスを使うことで、様々な場所で仕事をすることができるためメリットがあります。

IT企業はなぜ渋谷に集うのか

表参道にはいくつかのレンタルオフィスがあります。
レンタルオフィスがあることで、多くの企業が集まってきます。
それと同時に、裏を返せば多くの企業が集まっているからこそ、レンタルオフィスがそこにできます。
このように、雪だるま式に会社が増えていっているのが現状です。
表参道の近くには、渋谷がありますが、渋谷にはたくさんのITベンチャー企業があるのが特徴です。
渋谷にITベンチャー企業がたくさんあることを知っている人も多いでしょう。
そもそもなぜ渋谷にIT企業がたくさん集まったのか疑問に思っている人もいるかもしれません。
もともと大手のIT企業が渋谷にありそこから連鎖的に同じような会社が増えてきたものと推測できます。
IT企業であれば別の相手企業とつながりがあり、仕事上のことで話しをしたい場合などは、直接会った方が便利ですが、同じ渋谷にあれば徒歩でも行ける可能性があるからです。
このように、1か所会社ができると、それ以外の会社も次々と進出してきます。

PRサイト
会議室の無料利用やルーフバルコニーまで完備!
表参道駅から徒歩5分のレンタルオフィス「コクア」さん

ものすごいソリューションが生まれるかも

同じような業者がたくさん集まることで、栄えることは珍しくありません。
例えば、神田にある古本屋がそうです。
同じような本屋さんばかりが並んでライバルの店ばかりになってしまうので、本が売れないような気がしますが、実際には逆の現象が起こっています。
たくさんの書店が集まることで、神田は書店の町として知られ、電車にのって遠くから神田に訪れる人も少なくありません。
実際に1時間以上かけて神田まで来る人も少なくないです。
これは秋葉原の電器店なども同じようなことが言えます。
渋谷の場合は、パソコンに関する会社が多く集まっており、パソコンのことで何かあれば渋谷にいけば解決できるのではないかと思う人も多いはずです。
このように、1か所に会社がたくさん集まると、単にライバル会社が多いだけでなく、すごいソリューションが生まれる可能性もあるわけです。
もし、パソコン関係の仕事をしたいならば、表参道の方に事務所を構えると良いでしょう。

down

コメントする